​プロフィール Profile

お知らせ

【代表】

 山本 清次 

Seiji Yamamoto

 1977年大阪生まれ。幼少期に中国武術の師との出逢いから氣の世界に氣がつく。青年期に知花敏彦師に心と体の関係を深く学ぶ。野口晴哉師の書籍に出逢い、野口氏の直弟子である岡島瑞徳師に整体を師事。愛光流氣光整体代表として延べ18万人の体を観察し「人を取り巻くすべてが健康に関係している」と考え、命理(四柱推命)、堪輿(風水)なども研究。健康で豊かな人生を送れる様、大阪・倉吉を拠点に全国で整体指導し講座をこれまでに、1800回以上行っている。

2016年7月28日に一般社団法人 ​愛光流を設立。

 ≪資格≫

 ◎IFSA(International Feng Shui Association)会員

       IFSA加盟風水士

       IFSA公式サイト  http://www.intfsa.org/

 ◎NARD JAPAN アロマ・アドバイザー

 ◎裏千家専任講師

aikou-ism ~愛光流の流儀~ style

あなたは豊かですか?
そして、豊かに生きたいと思いませんか?
私は常に「豊かでありたい」と願っています。


さて?「豊か」とは何でしょう?

 ゆた‐か【豊か】 の意味
 出典:デジタル大辞泉
 * 1 満ち足りて不足のないさま。十分にあるさま。
 * 2 経済的に恵まれていてゆとりのあるさま。
 * 3 心や態度に余裕があって、落ち着いているさま。
 * 4 量感のあるさま。
 * 5 他の語に付いて、基準・限度を超えているさまを表す。

 とあります。


「豊か」とは心や経済的に余裕がありゆったりと落ち着いている状態の様です


では「豊か」に生きるにはどの様にしたら良いのでしょう?
私は17歳の頃より整体を行なっており今年で22年になります。
整体を行なって22年の間にのべ180,000人にお会いしました。
その結果、豊かに生きるには必要な要素が4つあると氣付きました。


それは
【健康】 整った身体
【精神】柔軟な心
【役割】天人地に仕える
【経済】お金に対して自由
この4つの要素を満たす事の出来る人は豊かに生きている様に思います。


経済的に余裕があっても健やかに動く身体が無くては豊かな人生とは言えず、常に心がネガティヴで冷たくなっていても豊かとは言えません。
健やかな身体とバランスの取れた心があれば自然と動きたくなり活動したくなるものですが家庭や社会での役割を果たせなくては心身に満ちたエネルギーが行き場を失います
また、経済的に余裕がありお金に対しての距離が無くてはまたまた豊かな人生は難しく思います。

人は本来、豊かに生きたいと願う生き物だと思うのです。
人は性善説だと私は考えています。
何かの罪を犯したいと願って生まれる人はいない様に思うのです。
愛光流では整体操法や各種講座を行う場所を「道場」と呼んでいますが、道場にはお腹に赤ちゃんを身篭ったお母さん達も訪れます。
生まれながらの悪意をお腹に宿している様には思えませんしどのお母さんも微笑みを湛えています。


人に宿る生来の素質それを「天心」と言います。
天心は豊かでありたいと願い自然とそう生きて行きます。
天心が望む様に豊かであろうとする生き方には「快」があります。
愛光流ではこの天心を育む事が大切であり必然的に豊かさが備わった生き方になると考えています。


「勧善懲悪」という言葉がありますが愛光流では「快と不快」が善悪よりも大事な価値観です。寧ろ「勧快懲不快」です。


人のモノを奪って快を感じる人がいたとしたならば、その人は十分に天心を快によって育まれなかったと思われます。
天心が快によって十分に育まれているならば人に優しく接し、奪うのでは無く与える事が出来てその上に快を感じるはずです。
悪業には不快を感じ善業には快を感じるのが成熟した天心と言えます。
天心を歪める事なく育むには快が必要になります。
快は天心の栄養と言えるのですがここに問題があります。
現代では天心が歪み快を感じる感受性も歪み感度が低下しています。
世間で大きく問題になっている「イジメ」も天心が歪み快の感度が低下した為に起きている現象と思われます。


人は本能的に集団生活を行います。これは個体保存の本能から単体よりも複数で生活をした方が安全で快適であると本能が感じて集団生活を行います。
また、その集団生活を行なっている集団を守り増やそうとする事もまた種族保存の本能によって行われるものであり、誰かを除け者にして己の生命を守る集団を小さくし調和を乱す事は自然と避けるのが本能です。


本能である天心に叶う事には快があるのものですがイジメを行う行為自体は本来は己にとってマイナス要因になり豊かさとは真逆に進んでいるはずなのです。
しかし、快を感じる感受性の感度が低下した現代人には不快を感じる事が出来なくなっている様です。


では、現代人のなぜ、快を感じる感受性が低下したのか?


それは先程も書きました「勧善懲悪」の為せる技と思われます。
例えばTVなどで豚肉が身体に良い!と喧伝されますと人はスーパーに走り豚肉を買います。
今日の夕食分だけを買うのでは無く余分な豚肉まで買い込み店頭から豚肉が消えて無くなります。
豚肉は身体に良いからと毎日食べていれば矢張り身体は調和を乱してしまいます。
またTVで豆腐が身体に良い!と喧伝されればスーパーに飛んで行って豆腐を買い込み食べますが人の健康はそれでは回復しないものです。
身体の不調を感じるので常に健康情報を集める事には敏感なのですが外から来る情報は常にビジネスと結びついている事が殆どでありその人の身体を良くする事だけに注力した情報は皆無と言っていい程に少ないものです。


「悪い事をせずに良い事をする」これはとても道理が通ったお話ですが世の善悪は常に移り変わって行きます。
極端な例を出せば戦時下では多くの敵兵の生命を奪う事は善い事で英雄の条件となります。
高度成長期においては公務員になる事が良い人生をを送る条件でしたが昨今では得意技能を身に付けてフリーランスでの人生が良いとされています。
世に言われる善い事が人の根源にとって最良の善い事であるならば人の感受性は高まりその善業は快を生み出すはずです。


豊かに生きる事が天心の望みであり快を感じる人生であるはずなのに現代は天心が伸び伸びと生きて行く事が難しい様です。


愛光流のミッションは

【生きとし生けるもの全てが豊かに快に包まれその生を全うして欲しい】と考えます。

                                                                      
多く方々の豊かさに愛光流はサポートして行きたいと思う次第です。